nooooooote

行きたい時に行きたい現場に行く、一応若俳のおたく。スケート、2~3次元全ての男子バレー関連、若手俳優、隣国アイドルを鬼の形相で追っています。

はじまりの巨人1回目観劇記録5/3マチネ

5/3にハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!はじまりの巨人を初観劇してきました。

マチネだけど頑張れば当日朝の移動でも全然間に合う~でも楽したいし前日に入っとこう~くらいの気持ちで前入りして前日友人と羽田国際線ツアーできゃっきゃした後(クソ航空オタク)プレ調達で歩き回ったり色々と疲労を溜めた結果扁桃腺パンパンマンで戦場へ向かうことに。自己管理もできないクソ野郎は白鳥沢にはいらない(牛島若利ヴォイス)。

日本青年館ってクソ遠いですね初めて行ったので全然辿り着かなくてびっくりしたのとマジでギリギリに着いたので終演後物販並ぶのしんどかった…パンフと進化の夏サントラ(これと和田俊輔とかいう天才作曲家については後程めちゃくちゃ長く黒々と語りたい)だけ開演前滑り込みで買って幕間に劇団グッズ買って終演後物販とかめっちゃ忙しかった。自業自得だけど。事前の下調べもできない奴は白鳥沢には以下略。

 

オープニング

 進化の夏OPのハッピースクールミュージカル的な雰囲気が初生観劇だったのでついにあのテーマが生で聴けた!!!っていう嬉しさが勝ってしまったのか(勿論進化の夏OPはめちゃくちゃに大好き)正直あまり細かい記憶が無い…推しでさえどんな動線で動いてたか記憶無い…(興奮した婆の末路)

初っ端クルクル回りまくるお祭り軍団条善寺ちゃんを見て「運動能力が高い」「何してくるか分からない」の評を思い出してああ、こういうことだって思ったことと、我らがジャパン牛島若利のスパイク時滞空時間の長さがヤバ過ぎることはちゃんと覚えてた。

実はそれだけ記憶あやふやになるほど興奮していたのに推し俳優や推しキャラよりも鮮明に覚えていて強烈に鳥肌立ったのが和久南で、もうなんか語彙力相変わらず無くしてるけど強い!!絶対このチーム強い!!って思えたので和久南っ子すごい…かっこよすぎたよ… 「チームワークの良さ」をダンスや動きで表現するのって実はとっても難しいはず。と、10年ほど踊りをやっていた身として思っています。

はじまりの巨人のOPで烏野以外の各校が持てる時間って大体8小節程度のワンフレーズで(ダンスだとフォーエイトなので8拍×4のかたまり)、それだけで「あの○○が目の前にいる!!」「すごい!!」「もっと見たい!!」と思わせるのってすごい。

進化の夏はもちろん、同じテーマ曲を使ってる烏野復活や勝者と敗者のOPでも各校の持ち時間はもう少し長くてその分表現の幅も広がるわけだけど、今回はあの短時間で自分達のチームの色と魅力をちゃんと表現できてた。もうほとんどすごいしか言ってない。兵庫公演は落ち着いて観劇しようと思いますすいませんでした。

 

 

条善寺について

 

条善寺存在してた…照島くんマジイェッヘーイ…ここに居る誰よりも遊んでた…

今までだと音駒がみんなしなやか軽やかに動けて福永くんが特別クルクルまわるのがスパイスって感じだったけどなんか全員めちゃくちゃまわるのとウェイウェイしてるのとでう、うるさ.........ってなりました(褒めてる)。条善寺が実際に存在したらこんな感じか…こんな感じだね…運動能力高くて何してくるか分からない集団は「新しい」がたくさんあって目が忙しかったです

個人的に条善寺は安定と進化の狭間でチームを影から支える華さんの話だと思っていたのでキャスト発表の時点で華さんがいないことを知って条善寺やる意味あるの…ってなりましたがさだもも氏がわりとしっかり演じてくれていたので本当によかった!よ!!兼役やるなら消去法で彼女かなあとなんとなく思ってはいたけど予想以上によかったので満足です。

ガッとって何よ!あたりからうるっときて試合終了後の照島くんから華さんへのありがとうございました!で涙腺死んだ。ありがとうございました。

なお中盤の記憶がないのは一郎のせいです。うるせえ。

 

 

引き継がれていく小学生

 問題の一郎です。やかましい。無邪気の権化。存在がうるさい。何も言わなくても全然うるさい。マイク通ってないのにものすごくうるさい。おかげさまで条善寺中盤の記憶がありません。小学生また出すと思わなかったのでヒィwwwwってなったし次郎身長伸びててさすがに腹筋が死んだ。仕方ないけど。めちゃくちゃ伸びてた。三太は相変わらず頭おかしかった。中の人すごくクレバーっぽい彼に変わったはずだったんだけどな。すごい。これが繋ぐということだ(?)

いつもこうなのかわからないので今回の一郎くんをまとめると

  • 月島くんに向かってパーカーをはだけさせて謎の色仕掛け(?)
  • 月島くんにコートに入っちゃダメって怒られる
  • でもコートに入るのでまた怒られる
  • 条善寺のスローガン変えるくだりで自分の持ってる必勝旗をアピールする
  • 必勝旗に同意してもらえなくてあからさまにしょんぼりする
  • 月島くんに頭ポンポンされる

 そっちばっかり気になるので無邪気も大概にして欲しい。あと永田坊やはボールを目で追うマイムがめちゃくちゃ上手いのでなんか高低差すごくて笑う。

 

ハイパー菅原孝支タイム

 ゲネ映像見たあたりからファッ!?だった新しいスガさん、動きと演技で「頼れる烏野のお母さん」 を存分に演出できるとんでもない人だった。シンクロ攻撃菅原版すごくないですか???おかげでテンション上がりすぎて烏野はスガさんと今回フューチャーされた大地さん縁下さん以外の記憶がやっぱりあまり残ってない(記憶無くなりすぎ問題)

目が足りなくなるのは仕方ない舞台なんだけど、彼があまりにも菅原そのものなのでつい目で追ってしまった…期待以上をお届けしすぎていた菅原さんありがとう…。

猪野パイセンの後ってなかなかにハードル高いよなあと思っていたけど全く別のベクトルで殴りかかってきた感じでとてもよかった。次回観劇以降は烏野いろいろ見たいのにまたスガさんを見てしまう気がします。

 

東京予選編しっかりやってくれないとマジで死に至る件について

 これだけは本当に頼む~~~~!!!!ユース・擬似ユース編と抱き合わせでも良いので(出演人数がえらいことになるのはスルーしよう!)音駒にはぬるっといなくなって欲しくないしやっぱりみんなで揃って春高行きを決めて欲しい。個人的に現時点でハイステでチームとして一番好きなのは音駒で、音駒をここまで好きになったのはハイステ音駒キャストのおかげなのでみんな揃って戦う姿がもう一度見たい。

本当は彼の研磨ちゃんに「おれがやったらオカシイの???」 ってブチ切れながらバナナムシャってほしいんだけどとりあえずそこまで贅沢は言わないのでせめて東京予選突破してくださいお願い……

今回の猫VS梟はとりあえず動きの美しさ軽やかさで研磨に勝てる人いるの????と新しい赤葦京治色気ありすぎじゃない??とウワァァァァァ木兎さんんんnでいっぱいでした。黒尾さんはいつもよりちょっと元気でした(褒めてる)なんか細かいことは多分次の観劇時にまとめます。気持ちがとっ散らかって研磨かっこいいすきしか残ってないつらい。赤葦との「できればやりたくなかったな、弧爪」「そんな顔には見えないけど」が最高すぎてその辺から好き以外の感情をなくしました。間に入ってファイッッッ!!!ってやりたい。

 

サッ 来ォオォい!!

 ゲネ映像で既に泣いてたネタバレ気にしないマンだけどやっぱり泣いたよ~~~~きっと今まで色々いろいろ言われたこともあるだろうけど縁下力が川原一馬のままここまで来てくれて本当によかったし和久南戦のこのエピソードもちゃんとやってもらえてよかった…

途中で半暗転してKT大地さんが「戻ってきてくれて嬉しいよ」って言うところであなたがそれ言うと別の意味も合わさってよりジーンときてしまうじゃん!?!?って思いながら鼻ズビズビいわせました隣の人マジですまん

なおこの時点で既に体の水分ほぼ無くなってた(死因:風邪)

最後エンディングで川原くんが出てきた瞬間拍手が一際大きくなったのを聞いて思わずこっちも泣きそうになりましたもう泣いてたけど

 

120%中島猛くん

 中島猛とかいうスーパークソイケメンの話をしよう。原作もアニメも見た上で自分の中の中島猛はパラメータ合計値がまさかの牛島若利を上回る(これに関してはあまり納得してない)程の器用で優秀な選手ではある認識だけど、そこまで特別大きな魅力を感じていたわけではなかったのでまさか自分が彼を目の前にして中島猛クソかっこよくない?しか言えなくなるとは…

キャスト発表されてすぐTwitterで今作キャストのリストを作って新キャストどんな方達なのかな~と日頃のツイートを拝見していたのだけど、実は中島役の柳原凛くんがすごくふわふわしているのがちょっと気になってた(めちゃくちゃごめん)

師走が読めなかった件とか見てて和む反面自分が知りえる中島猛の聡明且つ快活で男らしいイメージとは真逆で、この子が中島猛になる想像がまだつかないなあとか思っていた日がわたしにもありました。でもゲネ映像出るじゃん???最高じゃん????

一番最初に公開された動画で、中島くんが喋ったたった一言「対戦できるなんて超ラッキー」で一気に惹き込まれました。直前にアニメ円盤見てたのもあるけどえっ声一緒じゃない??って思ったしそんなの置いといてアニメCVと声が似ていようといなかろうとあの話し方めちゃくちゃしっかり者なのに好戦的な中島猛そのものだし貪欲さが覗えるし一言で言って最高。イメージと真逆とか大変失礼なことを一ミリでも考えてしまって本当にすみませんでした。菓子折り持って謝りに行きたい。でも柳原くんならみかん箱で謝りに行くのもアリ。(?)

ゲネ映像のたった一言で中島くんを見るのが楽しみになり、実際に観劇して日向と同じように小さな巨人に憧れてきた姿、旗を振り回してエースとして空中戦を戦う姿、高さの壁をまた思い知る姿、試合後の挨拶は気丈に振舞う姿、もう一回やらせてくれよと涙ながらに声を絞り出す姿を見て本物以上に本物な120%の中島猛がいるのを感じて涙枯れるくらい泣いた。和久南メンバーの群舞の中心にいる姿がチームを束ねるキャプテンそのものだった。なんかもう次こそ落ち着いて観劇したい本当に。

 

 

\しーらとりざわ!!!!/ガガンガンガガン!!!

 ってやりたい。牛島若利マジ牛島若利。

わたしの中のリアルウシワカは西田有志(考え方が真逆なこと以外は全てまんまウシワカな18歳だ!知らない人はGoogle先生に聞いてみよう!)なのでどんな感じだろうとワクワクしながら観劇を迎えたわけだけどOP前の登場の仕方も「あなたをブッ倒して全国へ行きます」でOPに入るのもかっこよすぎか~~~とテンションブチ上がりました。あとジャンプの滞空時間と高さが経験者にしかないそれ。バレーの動作に無駄な動きが無い。無駄な動きが無いといえばウシワカと国見のレシーブは似てるのでは?のくだり…あれっそれもう有田賢史じゃん!!ウシワカじゃん!!(???)みたいによく分かんないけど自己解決した。

めっちゃ強くて大きいパワースパイカーバックアタックの時すごい幅と距離で飛び掛かるみたいにジャンプするときの音というか空気わかります???(圧倒的説明力不足)牛島若利が跳び上がる度にそれを感じました…尊い以外の感想がない…あと突然出てこないで覚ちゃんビックリするから

最後の最後あんな演出があると思ってなくてぶわああああああああっと鳥肌立ちました。全国津々浦々にお住まいの沢の民よアップを始めよう。

 

 

 

色々とオイそれはなんなんだと物申したい解釈や演出はあったわけなんですけどやっぱり役者の熱量に全部持ってかれるというか本当にブラボーなキャストさんたちへビッグなメルシー(大変しつこい)(向こう一か月は言い続けそう)で胸いっぱいになってぼろぼろ泣いた2時間半でした。プロジェクションマッピングも前作よりよかった気がする。初っ端マッピングの台詞をなぞるところで潔子さんの台詞が丸々飛んだときはさすがにおいおいと思ったけどスーパースルースキル検定だと思えばなんとも無いぜ!!

正直ソワレも入りたい~~~~当日券買うか~~そうしよう!!までいったけど既に地方合わせてまだまだ入る予定があるのとあまりにも扁桃腺パンパンマンが悪化していたため我慢するに至りました。偉い。買い足さない。なお関西での公演はこの限りではありません。