nooooooote

行きたい時に行きたい現場に行く、一応若俳のおたく。スケート、2~3次元全ての男子バレー関連、若手俳優、隣国アイドルを鬼の形相で追っています。

最強の場所・宮城12/1ソワレ ~極寒の仙台市体育館~

 

 

深夜までハイステ用のトンチキ封筒作成に励んだ翌朝になんと推しの連ドラ出演が決まっており、なんだか推しに両頬を思いっきりビンタされ「オイコラ起きろクソが!!!!」って目を覚まされた気持ちになりました 。いろんな意味で。こんにちは軽率なオタクです。

めでたいよ..........とてもめでたいので宮城遠征でおいしいものをたくさん食べました。ヨッ!その一口がデブの始まり!(矢吹奈子ヴォイス)

 

あいじゅわんちゃんもFNS歌謡祭出演決定おめでとう~!

全然関係ないけど白布信長くんのお顔ちょっとルハンみありません?口角とか鼻筋とか顎とか似てる気がします。

 

 

今回はせっかく遠征したのにソワレ1回だけだったんだけど、はじまりの巨人で仙台市体育館(現カメイアリーナ)に行ってその足で見に行った公演の見え方が全く違ったものになった感覚があって、それをまた感じたいがためにマチネの時間帯に体育館に行き白鳥沢応援席側でぼ~っとハイキューサントラ聴きながらひたすら座ってるっていう時間を過ごしました。あっという間だった.......寒かったけどやっぱり行った価値ある。

今言っても遅いけど観劇前の体育館はオススメです。ただ12月は寒くて死ぬので凍死対策をしてください。お前の戦場は仙台市体育館という名の多賀城市文化センターだぞ。戦場に行く前に死ぬな(わたしの話です)(マジで寒い)

 

 

 

 

ああ栄光のモブ鳥沢幼稚園

 

・最初のアオバジョーサイアオバジョーサイ!のとこで登場した白布似モブ、青城ボールカゴに腰をぶつけ慌てる

・スイッチの演出のとこで西谷にお手させる五色似モブ審判、お手させたことを山口忠くんに嬉しそうに報告する

・相変わらずテンション高めの牛島似モブ、いっけいけいっけー!で隣の天童似モブに勢い付けてぐいぐい迫りすぎて天童似モブの隣にいた白布似のモブが更に隣のモブとの間に挟まれ潰されてしまい一人あわあわする事態に。小さいんだから(小さくない!!!!!平均!!!!!)優しくしてあげてください。

 

笑い上戸な牛島似モブは歯を見せるのを我慢してるのか下唇をきゅっと噛んだ表情のままネットをやっていることが多いです。「殺人ハンバーグ!」で未だに笑ってしまう牛島似モブ見てるとつられるのでやめてくれ~~~かわいい。

日向が伊達政宗の荒馬になったことで金田一がブロードで「出陣じゃ~!」、田中さんがやり返すとき「合戦じゃ~!」で消えていって日向が「田中さんナイス合戦!...あ~どこ行った?」って言ってたんだけどやっぱりニヤニヤしちゃう牛島似モブ、ツボが浅い。

 

どこだか忘れたけどニヤニヤしすぎたのかネット持ってる時に及川さんに突然肩ポンされ話しかけられて「!?」って顔でびくっとしてたのかわいかったんだけどあの瞬間100パーセント有田賢史でしたね?笑ってもええんやで

 

 

 

二度目の青城戦と使われている音楽

 

前に『それは今日じゃない』で始まるのいいなあって書いたんだけど、青城パートは終わり(ラストプレー)も『それは今日じゃない』だったのね......IH予選との対比......

今回は青城戦の音楽を結構集中して聴いてみてたんだけどアレンジだけじゃなく勝者と敗者で使った曲をどこに充てるかっていうのも和田さんチョイスなのかな?和田俊輔とかいう天才作曲家(定期)。

 

「俺も思った」のところで『叩くなら折れるまで』が使われたり、ファイナルセットで『勝者と敗者のラプソディー』(アレンジ版?)が使われたり、歯車がかみ合うところで『究極のプレー』のアレンジが使われたり。記憶の容量が許す限り最強の場所で使われたと思われる曲を勝敗サントラから探しました。

狂犬ちゃんも加わって今回の初めて究極のプレーだったんだなあって思うと嬉しかった~~~。

 

なお本日の「俺も思った」の後の飛雄ちゃんの「平常心、平常心」はそんなの関係ねえ!でした。古めのネタ持ってくる。そして真似してくれる花巻さん。

 

 

 

 

 

国見英という高校バレー選手について 

 

国見ちゃんフォーカスをした話。国見ちゃんについて考えすぎた結果ハイパー長くなったのでもし読んでくれている人がいるとしたら暇な人以外はすっ飛ばすことをオススメします。

 

 

今回の国見ちゃんは元気に見えるって思う人がいるんじゃないかって話を広島の観劇記録に書いたときに、これが先輩と出る最後の大会だってことを踏まえて「この世界に国見英が存在したらこうなる」を上手く表現してるって話をしたんですけど、全然元気とかじゃなかったしちゃんと最初から最後まで国見ちゃんの様子を見てから言おうな!!!!!!!!!!

 

(広島公演の観劇記録、牛島若利の話に国見ちゃんも例にあげたやつ)

huntermasa.hatenablog.com

 

 

序盤、IH予選の回想シーンが終わってすぐ一人階段に腰かけて欠伸する国見ちゃんはハイキューファンの多くが持つイメージまんまの省エネ国見ちゃんモード。ぼーっと座ってると岩泉さんに声をかけられびくっと立ち上がってアドバイスかなんかにうんうん頷いて応えます。かわいい。国民の後輩。

 

ここで矢巾金田一のナンパ芸。失敗してがっかりしている金田一のユニフォームを引っつかんで回収し何か言うでもなく冷たい目で集合に連れて行く国見ちゃん、省エネだけどちゃんと自分のペースでバレーに向き合っている様子がこういうところにも出てる。

 

第一セット終了時にコートチェンジした後もやっぱりこっそり階段に座ってドリンク飲んだりして(ここで狂犬ちゃんが入ったことによるチームの乱れを岩ちゃんが渡っち・国見ちゃんに声かけて大丈夫だから!とフォローしてるのもめっちゃいい)、次いつ出されるかわからない状況でちゃんと体力回復しようとしてる様子も見られました。

 

この後第二セット後半からファイナルセットにかけて、チームが窮地に追い込まれたり得点してセットを取り返したり、勝てば決勝・負ければ3年引退という戦いが佳境に入るにつれてだんだん応援にも熱が入り省エネモード解除の国見ちゃん。元気だなと思う人は多分ここで大きい声を出し始めて目に入った国見ちゃんを見て判断するんじゃないかなと思います。国見ちゃんが大きい声を出さないなんて誰が言った?

147話で「チャンスボオオォルル!!!」と叫んでた国見ちゃんの姿を思い出した。少し向き合い方が違うだけでちゃんと普通のスポーツ少年。

 

思えばイメージとして強いのは追っても取れないと判断してボールを見送った「勝てそうな」雪ヶ丘中戦だけど、負けるかもしれない場面・これで先輩との最後の試合になるかもしれない場面で手を抜く描写なんてなかったはず。加えて今回は狂犬ちゃんがいて自分が試合に出られる時間も少ない。前回とはまた気の持ち方も体力の使い方も違う。

 

国見ちゃんの嫌いな言葉第2位、「我武者ら」。今作の国見ちゃんは「常にガムシャラなことがイコール”本気”なのかよ」の発言のまんまを体現していたし、休めるところで休むことがイコール本気じゃないことには繋がらないんだと舞台上の国見ちゃんを見ていて感じました。

 

最後狂犬ちゃんと交代する前の悔しそうな顔や敗戦後のコート外で立ち上がれなくなる姿を見ていると、原作番外編の試合後の青城メンバーの様子で描かれた、試合から帰宅してすぐベッドの上で人を殺しそうな目をして黙々とオーバーの練習をしている国見ちゃんを思い出して泣いてしまった。悔しくなかったわけがないよね。最後の瞬間、コートにいなかった国見ちゃん。

最後挨拶するとき握手したのが月島くんで、この後宮城ユースで再会するんだよなと思うと色々また考えが広がってしまう。 

 

隅田川むねよしくんはすごい。かわいいだけじゃなくこんなにも忠実に国見英を現実の世界へ再現してくれていたことをもっと早くに知っておくべきでした。東京凱旋公演でも隅田川くん演じる国見ちゃんの活躍に期待しよう。

 

もはや隅田川くんって言いたいだけみたいになってますが神田聖司くんです。個人的には秋葉原くんもお気に入りです。狂犬ちゃん役・北村健人くんのネーミングセンスが光る。

 

 

 

 

渡親治、古賀太一郎の如く

 

 めっちゃ書きたかったんだけど国見ちゃんの件が長くなりすぎたので短めに。

周りをすごくよく見ているところや誰かに取れって声かけしている様子とか「俺が取る!」とかチーム内での立ち位置を見ているとめっちゃ太一郎さんっぽい。そこにリアルなリベロを感じるほどレセプション指示が上手すぎる。山口サーブのシーンのところで思わず日韓親善試合でエンド側観戦した時目の前でたくさん声かけしながらアウトボールのジャッジをしていた太一郎さんを思い出した。俺が取る!!のところで、今年の世界バレー・アルゼンチン戦でなんとしても取りたい一球を追って客席に突っ込んだ姿も重なった。

 

矢巾が狂犬ちゃんに無視されて怒ってるのを見てまただ、って感じでため息ついてたり、スガさんの「あの16番が烏野にいたとして~」の台詞中に笑顔で狂犬ちゃんの方を見ている青城メンバーと「ッシャー!!!!」な狂犬ちゃんを見た矢巾ちゃんがガッツポーズしていてそれを見ていた渡っちが矢巾ちゃんとこっそりハイタッチしたり、青城2年のアソビバ渡親治。

 

 

 

 

 

一級フラグ建築士、白布賢二郎

 

二幕、まずはコートチェンジ戦争の話から。五色さん家の工くんと絡むことなく工くんも先輩たちにドリンクを配りながら歩いて大変気がきく様子で自陣に着いてからも2人が絡む気配がない。「お?これはついに終戦した???」と思った瞬間、手に持っていたボトルを戻そうとした白布さんのボトルを工くんがぶんどって片付けてしまい怒った白布さんがやっぱり開戦してしまいました。第何次なんだ。もう一度ボトルを持ち直して片付けをなぜかやり直しさせられる工くん。

なんで......今戦わない流れだったじゃん......

 

 さらにゲスモンダンスの時も珍しく誰とも一緒にいない白布くん。これは絡まれ回避では!?と思ったその瞬間つとむちゃんがぴょーんと飛び込んできて左手をガッと掴み天童コールさせる。間髪入れず右側から瀬見さんが来て右腕を掴まれついに左につとむ、右に瀬見さんで両腕コールさせられる白布くん。やめろ~~って顔してるけど振り払えない白布くん。嘘でしょ今までで一番絡まれてるじゃん.......

 

 「今日は大丈夫かもしれない」っぽい行動をすると無事想定の倍くらいの結果になる白布くん、見事な建築士っぷりである。

 

 

 

 

ツッキーたまにはノッてきた

 

山口「影山も日向みたいに無茶苦茶なトスをするとか?こんな感じ!(さくらんぼのメロディーで)とびおトス~、する~よ♪誰かにあげ~るよ♪日向、田中、澤村、結局東峰さん♪もう一回!」

月島「笑顔咲く~」

山口「ちょっとツッキー!」

月島「せっかくノってきたのに」

 

  

 

 

 

バレーボーラー牛島若利を応援したい

 

 

twitter.com

 

本当の本当になんでですか??????そこにいるはずなのになんで応援できないんですか????大学リーグで大活躍するでしょ??東京通うし試合の応援にも行くしそのうちすぐ呼ばれるだろう全日本の合宿と試合にも行きたいんですけどなんで応援できないの????

 

ラストプレーのフライングレシーブ、咆哮、「白布!!!!!」、雄叫び、迷う余地無しで一気に牛島若利に視線と心を持ってかれるのであのシーンで他の人を見ていられたためしがないしずっと彼のプレーを見ていたいのになぜ応援できないのかちょっとよくわからないので説明していただいてよろしいか。

 

「かっこ悪いとこ見せらんない」のあたりで引っ張られないように白鳥沢のみんなに声かけてるとこや川西サーブの前に川西とアイコンタクト取って合図したりとか。「烏野一年腹立つやつばっか~」「ドーモ」で烏野のテンション上がってきたところでの冷水ぶっかけるみたいな強烈なスパイクとか。主将としてエースとして最高に好き。

「うちのエースはすげえんだ」独白のところの夢見てるみたいな顔で上を見上げる人間・牛島若利もすき。

 

 

リアルバレーの推し選手がゴリゴリのサウスポーエースなので、いくらすごい選手だった人だとしても元々右打ちの人が演じる牛島若利のフォームなんて気になってしまうのでは?と思っていたのがキャスト発表のあった一年前、はじまりの巨人でまったく遜色ない左打ちフォームを初めて見たのが半年ちょっと前、そして今公演を重ねて更に洗練されていくのを見て目の前にいるバレーボーラー牛島若利を応援したいと思えていることが本当にありがたい。

有田賢史というひとが牛島若利になってくれて本当によかったです。進学先教えて(怒)(怒)(怒)牛島若利ならインカレ上位4位までの強豪に入るだろうしすぐに黒鷲旗出るんでしょ??えっ白鷲だった牛島さんが黒鷲旗出るのエモじゃない?(ここまで一息)

 

疲れてきたり合間の細かいプレーではちゃんとバックスイングできなくなりがちだけど有田島若利さんと遊馬川徹さんだけは絶対に崩れなくて滞空時間も高さも落ちないしバックスイングとスイングの振り方からもう違うの、キャラクターがちゃんと凄い選手に見えるから純粋に凄いなあと思う。それで進学先はどこですか。

 

 

 

意外と白布百面相賢二郎

 

 

大体舞台上でずっと鋭い目つきな白布賢二郎。でもこの日タイムアウト中にスガさんが落ち着けぇ~!!!!って烏野コートに喝を入れに行くところでドリンクを手にした白鳥沢2年生コンビがなぜか笑いをこらえようとしてこらえきれていない謎の爆笑中。なぜ......何が面白かったのか教えて......白布くんは必死に笑ってるのを隠そうと後ろ向いたりしてました。

田中さんとバチバチやってる白布くんもかわいいね......血の気が多い....

天童さんのドシャットでニヤリしてたり「あと一点!あと一点!」でめっちゃ恐い顔して笑ってるのもすきです。こわい。敵にしたくない。

 

イライラが積もっていく演技はゆっくり段階を踏んでいてすごい。「これが強いということだ」からのタイムアウトでもう苛立ちが少し見えて抜けた先にはスーパーリベロのとこでかなりイライラして見える。月島のワンチ地獄でイライラはピーク、からのドシャットであの落ち込みよう。

 

次のセットに全く引きずらない白布くんは強いけど、あのがっくり肩を落とした姿を見ると自分の中のヤブ医者が「あら~~疲れてますね~~牛島出しときますね~~~」って処方してあげたくなりがち。大人しく見守りましょう。

 

そんな白布くんを見た川西くんや瀬見さんあたりがすぐに白布くんに話しかけに行こうとするんだけどその度に獅音さんが止めてくれていました。マジパパ1000パーセント..........その間に少し落ち着いた白布くんにやっとドリンクを渡す川西太一。世界の平和は大平獅音によって守られていることを知った聖地公演である。

 

ちなみに「存在を主張し続けろ!」でみんなして日向に釣られてイラッとしている白鳥沢一同を落ち着かせているのも獅音さんです。ヨッ!弁慶!!(野次)

 

 

 

 

影山の目を見れない白布くん

 

 これも兵庫で気付いたやつなんだけどその時だけその場の演技で出たやつなのか毎回なのか確信がなくて何度か確認しました。

 

試合前握手するときは影山に穴が空きそうなほど射るように睨み上げている白布くん(ここの目つき最高にいい)。目だけで人を殺せるような覇気があります。

第2セット月島ワンチ地獄からのドシャットで肩をおとす白布くんに寄って行って睨み付ける影山、睨み返す白布くん。ついでに日向の「100点の1点だな」を聞いてめっちゃ恐い顔になる白布くん。睨む元気があるうちはまだいいよね。

 

でも試合終了後の放心状態で対峙したとき、握手しても少しも影山の顔が見れない白布くん。つらいが押し寄せる~~~~~~~あと顔がいい

 

 

 

 

 

 

ラストシーンいろいろ

 

 

日向「うわ~海だ~......何やってんだよ」

影山「ベニーランド作ってんだよ」

日向「わかるかな~みんな、それすごくローカルだからね」

 

無事わかったので影山とびおくんは是非ベニーランドの歌を歌ってください。

 

 

 

 

さ~て本日の雪鳥沢は?

 

 

・雪を掴んで食べる山形さん

・白布くんにチョップし続けたら胸パン返されて更に工にも背負い投げかけられる川西くん

・カテコ整列で頭に積もった雪を川西太一に掃わせる白布くん

 

の3本です!来週もまた見せてくださいね~!

ハケる時白鳥沢だけ一斉に手上げて手振ってくれてたの打合せしてたのかな?かわいかった......一部は手繋いで一斉にばんざーいしてたけどどこが繋いでたか覚えてない自分の記憶 is ミジンコ

 

 

 

ついに最後の地方公演が終わってしまったのでいよいよ心の準備をしなければいけない状況になってきました。

沢推しとしては去年映画の公開期間が終わって原作でごくたま~~~~に春高観戦の様子が見られる以外は砂漠化していたところにやっと与えられた推し校に会える機会なので、つまり最強の場所の終了は死を意味するのではと震えているところです。

 

 

どうかみんな最後までステイヘルシーで!!!!!